家賃の上限を決める

賃貸住宅(マンション・アパート)の家賃
賃貸住宅(マンション・アパート)など、お部屋探しをする際にまず決めておきたいのが「家賃(+駐車場代)の上限」です。


一般的に「収入(手取り)の1/3以下」の金額までに家賃を抑えることが理想とされ、生活に支障が出ない金額といわれていますが、都内などではこの範囲内でお部屋を探していると中々見つからないのも現実なので、月々の生活費「食費・水道光熱費・電話代(携帯電話、ネット通信費)・生活雑貨類・交際費など」にいくらかかるかを計算し、ギリギリ払える金額ではなく、少しでも余裕をもって払える金額に家賃を抑えるようにしなければなりません。


賃貸住宅(マンション・アパート)は上を見ればキリがなく、当然家賃の高い賃貸マンション、アパートは設備も充実し、外観が綺麗で、築浅で、駅から近いかもしれませんが、家賃のせいで生活が苦しくなっては意味がありませんし、そもそも収入に比べ、明らかに家賃の高い賃貸住宅は審査が通らない可能性も高いです。


ですのでお部屋探しをする際は、「家賃の上限」を決めておき、その上限以上のお部屋は見ないことをオススメします。


当然、不動産業者(仲介業者)としては少しでも家賃の高い物件を契約してもらったほうが「仲介手数料」も多くもらえるので、少しでも家賃の高いお部屋を勧めてくることが多いのですが、1度、条件の良い部屋を見ると、その部屋のことが忘れられなくなり、少しなら家賃の上限を上げても良いかと思ってしまい、それをやってしまうと本当にキリがありませんので、「予算は○万円まで」と、明確に決めておくことはとても大切なのです。


もちろん、数千円程度なら交渉次第で下がる可能性もありますし、家賃が下がらなくても通常2ヶ月分の礼金が1ヶ月、または0ヶ月になれば、実質家賃が下がったことと同じことですので、「上限+数千円」の範囲で探してみてはどうでしょか。


家賃以外にも月々の共益費(管理費)が必要な物件もありますので忘れないように!


 賃貸住宅(マンション・アパート)の探し方関連記事



賃貸住宅情報の入手方法

不動産屋さんに行くときの注意点

お部屋探しに良い季節は?

契約時に必要となるお金

不動産の表記「構造・間取り・広さ」について

物件のチェック場所

賃貸物件⇒賃貸物件に引越す場合の注意点

譲れない条件を考え、優先順位をつける!

住みたい地域・沿線・駅を決める

最寄り駅からの時間

マンション?アパート?

日当たりの良い部屋(南向き?)に住みたい!

2階以上に住みたい!

ペットと一緒に住みたい!

防犯設備の整ったマンションに住みたい!

生活が便利な街(駅)に住みたい!



引越料金は業者によってかなり違います!

LIFULL引越し見積もりは、全国130社以上の業者が参加している日本最大級の引越一括見積サイトなので、簡単に料金を比較できます!