働く女性の住宅購入意向に関するアンケート


結婚、出産などでライフスタイルが大きく変わる女性、特に
働く女性の住宅購入に関するアンケートをポータルサイトの「goo」が調査したところ以下のような結果となりました。


アンケート調査は2007年8月8日〜8月12日に行い、首都圏「東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県」に在住の25歳〜49歳の職業を持つ女性1081人から回答を得ました。


・25〜29歳:「20.3%(既婚者の割合:32.0%)」
・30〜34歳:「19.9%(既婚者の割合:46.0%)」
・35〜39歳:「20.1%(既婚者の割合:46.5%)」
・40〜44歳:「20.2%(既婚者の割合57.8%)」
・45〜49歳:「19.6%(既婚者の割合:53.3%)」


 現在の居住形態は?



・賃貸住宅:「42.7%」
・親族(配偶者除く)所有の家:「22.9%」
・共有名義を含む自己所有:「22.4%」


既婚者(パートナーと同居を含む)の場合、年齢が上がるにつれて自己所有比率も上がり、「45〜49歳」の層では22.1%が自己所有しており、一方、未婚女性の場合、40歳未満までは自己所有率は低く推移しているのですが、40歳以上になると飛躍的に自己所有率が上がり、「40〜44歳」の層で13.0%、「45〜49歳」の層では、自己所有率40.4%となり、賃貸住宅の36.4%を上回るという結果となっています。


 購入物件の価格は?



住宅購入者および購入意向がある人619人に、購入物件の価格を聞いたところ以下のような結果となっています。


・3000万円〜5000万円:「44.0%」


 住宅購入のための自己資金として用意した額は?



・200万円未満:「30.2%」
・200万円〜400万円未満:「16.6%」
・400万円〜600万円未満:「15.0%」
・800万円〜1,000万円未満:「8.9%」
・1,000万円〜1,500万円未満:「9.7%」
・1,500万円〜2,000万円未満:「3.1%」
・2,000万円〜3,000万円未満:「5.2%」
・3,000万円以上:「5.3%」


以上のように住宅購入のための自己資金として用意する額は「600万円未満」が全体の6割を占めました。


 住宅を購入した(購入したい)理由は?



・家賃が高くてもったいないから:「46.9%」
・広い家に住みたいから:「31.1%」
・自分の資産にしたいから:「27.1%」
・持ち家の方が住宅の質が高いから:24.1%」


未婚女性は購入する住宅に「資産価値」を期待していますが、既婚女性、結婚や出産を機に住宅を購入する女性は、「家族が増えるから」、「親・兄弟(姉妹)の家の近くに住みたいから」、「教育環境がよい所に住みたいから」など、生活環境の変化を理由に住宅を購入する女性が多いようです。


 住宅購入の際に重視するポイントは?



・最寄駅からの距離:「45.4%」
・住戸の間取り:「42.0%」
・住戸の価格:「38.1%」


未婚女性は「最寄り駅からの距離」、「生活環境(買い物など)の良さ」などを重視しているようです。


2007年8月20日・CNET Japanより一部引用


働く女性の住宅購入に関する結果ですが、やはり既婚者と未婚者ではかなり考え方が異なっていますが、これは男性にとっても同じことが言えるのではないでしょうか。




引越料金は業者によってかなり違います!

LIFULL引越し見積もりは、全国130社以上の業者が参加している日本最大級の引越一括見積サイトなので、簡単に料金を比較できます!