ウィークリーマンション・マンスリーマンション


短期間の出張(単身赴任)、旅行、受験のための宿泊、リフォーム、建替えなどの際に利用されているのが、「ウィークリーマンション・マンスリーマンション」です。


ウィークリーマンション・マンスリーマンションは、一般の賃貸住宅(マンション・アパート)とは異なる部分が多いので、これからウィークリーマンション・マンスリーマンションの利用を考えている方は確認しておきましょう!


 ウィークリーマンション・マンスリーマンションの特徴



ウィークリーマンション・マンスリーマンションには以下のような特長があります。


■敷金(保証金)・礼金・仲介手数料・更新料不要


都内などの一般の賃貸住宅(マンション・アパート)では、


・礼金:「2ヶ月分」


・敷金:「2ヶ月分」


・仲介手数料:「1ヶ月分×消費税」


上記のような名目のお金が必要になりますが、ウィークリーマンション・マンスリーマンションではこれらのお金は基本的に必要ありませんので、初期費用が安くてすむのです(長く住んでも更新料もありません)。


また敷金(保証金)などを預ける必要がないので、一般の賃貸住宅(マンション・アパート)で度々起こる敷金の返還についてのトラブルも起こりません。


ウィークリーマンション・マンスリーマンションでは一般的に賃料に、清掃費(クリーニング費用)、光熱費が含まれていることが多いのですが、契約時に必ず確認しておきましょう!


■家賃は高めに設定されている


初期費用が安く済む代わりに、月々の賃料が一般の賃貸住宅(マンション・アパート)よりも高めに設定されています。


物件、住む期間によっても異なりますが、「約1.5〜2倍」ほどの家賃となっていることが多いので、3ヶ月程度の短期間だけ部屋を借りたい場合は、一般の賃貸住宅(マンション・アパート)よりもウィークリーマンション・マンスリーマンションに住むほうがお得となることが多いです。


ウィークリーマンション・マンスリーマンションは普通、住む期間によって家賃が異なります。


■家具、電化製品が揃っている


一般の賃貸住宅(マンション・アパート)では基本的に、


◎家具:「ベッド・寝具・ソファーなど」


◎家電:「テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ、掃除機、ガスコンロなど」


◎生活必需品:「鍋・包丁・食器類など」


は入居者が揃えなければなりませんが、ウィークリーマンション・マンスリーマンションではこれらの物が揃っていることが多いので、ホテルに泊まる感覚で住むことができ、必要最低限の荷物だけを持ち込めば普段と変わらぬ生活ができるようになっているのです。


物件によって備え付けられている設備等は異なります。


■連帯保証人不要


一般の賃貸住宅(マンション・アパート)では連帯保証人を立てなければ借りられない場合が多いですが、ウィークリーマンション・マンスリーマンションでは基本的に連帯保証人などは不要で、本人確認証(運転免許証、パスポートなど)と費用さえ用意すれば借りられることが多いです。


 ウィークリーマンション・マンスリーマンション比較



いまでは多くの企業がウィークリーマンション・マンスリーマンションの分野に進出してきましたので、「サービス内容・料金体系」もさまざまです。


そこで、これからウィークリーマンション・マンスリーマンションの利用を考えている方は、資料を取り寄せたり、いくつかの会社の料金、サービスを比較してみましょう!




引越料金は業者によってかなり違います!

LIFULL引越し見積もりは、全国130社以上の業者が参加している日本最大級の引越一括見積サイトなので、簡単に料金を比較できます!