不動産業者の選び方

不動産業者の選び方
最近は賃貸情報誌だけでなく、インターネットの賃貸住宅検索サイトも増加し、内容も充実していますので、賃貸住宅(マンション・アパート)を探している方は、まずはこれらを利用して賃貸住宅についての情報を得、そこから不動産屋さんなどに問い合わせることが多いと思います。


流れ的には以下のような感じとなることが多いと思います(もちろん例外あり)。


賃貸情報誌、賃貸住宅検索サイトで物件を探す


           ↓↓


掲載されている物件について不動産屋さんにメール、電話等で問い合わせ


           ↓↓


問い合わせ物件以外に理想の条件に近い物件を探してもらう


           ↓↓


不動産屋さんに行って部屋を見せてもらう(内見)


しかし不動産屋さんといっても、どのような不動産屋さんにお部屋探しをお願いすれば、理想の条件に近い物件に出会えるのでしょうか?


 地域密着型の小さな不動産屋さん



地域密着型の小さな、昔からある不動産屋さんの特徴としては・・・


その地域についての情報量は多く詳しいが、少し離れた地域の情報量は一気に少なくなる。


地元の貸主(大家さん)との関係が深いので、掘り出し物の物件に出会えることも?


物件管理に力を入れており、仲介にはあまり力を入れていない場合があるので、自社が元付となっている物件(管理物件など)しか紹介してくれないことも多い(または部屋を探す力が劣る)。


賃貸の仲介はやる気がない?場合もある。。。


社員が少なく、社員の年齢層が高い場合が多いので、店の雰囲気が暗い?


以上のように、とにかく地域に密着した営業をしていることが多く、また管理している物件、貸主(大家さん)から入居者募集を直接依頼されている物件(元付業者)も多いので、入居審査の実質的な権限を握っているといっても過言ではなく、地域密着型の小さな、昔からある不動産屋さんに行く際は、服装、態度、言動には特に気をつけたほうが良いでしょう。


 ターミナル駅(新宿など)前にある不動産屋



都市圏のターミナル駅(新宿・渋谷・池袋など)前にある不動産屋さんの特徴としては・・・


若い社員が多く(社員の出入りが激しい)、給料が歩合の場合も多いので強引な営業を行うことがある。


若い社員が多いので、店の雰囲気は明るく、元気。


管理物件、貸主(大家さん)から直接依頼された物件は少ない?


幅広い地域の物件を探してくれ、情報量も多いが、物件についての詳しい情報は把握していないことが多い。


給料が歩合の場合が多いので本気で探してくれ、理想の条件に近い物件を探してくれる力に優れている。


以上のように、都市圏のターミナル駅(新宿・渋谷・池袋など)前にある不動産屋さんは、物件を探す力には優れている場合が多いのですが、とにかく契約を結ばなければ給料に反映されないことが多いので(歩合制)、多少は強引な営業を行うことが多いです(もちろんすべての不動産屋さんがそうとは限りませんが・・・)。


 結局どこの不動産屋さんがいいの?



結論から言うと、


どの不動産屋さんで探してもらっても大差ない?


不動産屋よりも担当の営業マンの力が大きい!


と思います。


いまでは不動産業者間で、ほとんどの物件の情報を共有していますので、結局はどこの不動産屋さんに行っても紹介されるお部屋は同じだったということも珍しくないからです。


だからといって1つの不動産屋さんだけで探してもらうのではなく、複数の不動産屋を回ってみて、信頼できそうな不動産屋さん、営業マンを探すことがもっとも重要かもしれません。


 不動産屋さんに行くときの注意点



不動産屋さんに行くときは、できるだけ以下のことに注意しましょう!


■飛込みではなくアポを取ってから行く


最近では賃貸情報誌、インターネットの賃貸住宅検索サイトから、メールや電話で不動産屋さんに問い合わせ、来店する方が増えていますが、駅前の不動産屋さんには飛び込みのお客さんもまだまだ多いようです。


もちろん不動産屋さんに行くときにアポ(予約)は必ずしも必要ではありませんが、あらかじめアポを取っておき、自分がどのようなお部屋を探しているのかを伝えておけば、その条件に近いお部屋を来店するまでに探してくれたり、問合せ物件を内見できるように手配してくれていると思いますので、時間を大幅に短縮してスムーズなお部屋探しができるのです。


また物件によっては、毎日見られない場合もありますので(管理会社が休みなどで)、確実に見たい物件がある場合は、見たい物件が確実に見られる日にアポを取っておけばニ度手間になることもありません。


ちなみに不動産屋さんは、「水・土・日」曜日が定休日となっていることが多いので、仮に駅前の不動産屋さんが営業していたとしても、物件を管理している管理会社が休みなどで見れない場合がありますので、飛び込みで不動産屋さんに行く場合でも、できるだけ上記の曜日は避けたほうが良いかもしれませんね。


 不動産業者についての関連記事



不動産業者の取引態様と免許

不動産業者の報酬

宅地建物取引主任者



引越料金は業者によってかなり違います!

HOME'S引越し見積もりは、全国130社以上の業者が参加している日本最大級の引越一括見積サイトなので、簡単に料金を比較できます!