敷金のトラブル・返還

賃貸住宅(マンション・アパート)に入居後、快適な生活を送っていても必ずいつかは引越して退去する日が来ると思います。そして退去後にトラブルとなることが多いのが「敷金返還」についてです。そこでここでは、「敷金の原状回復義務」、「敷金の特約」、「経年劣化と通常損耗(自然損耗)」、また具体的に借主(入居者)はどこまで負担しなければならないのか?について説明しています。敷金について最低限の知識を持っておくことで、敷金返還でトラブルとなることも少なくなりますし、またトラブルとなった場合でも最低限の知識を持って交渉することで敷金の返還額が異なることも多いので、当サイトの情報が敷金返還交渉などに少しでもお役立てになればと思います。

敷金のトラブル・返還一覧

敷金の基礎知識
敷金とは、借主(入居者)が貸主(大家さん)に対して、入居〜退去までの間に発生した「未払い債務、損害賠償債務、原状回復費用」の債務を保障するために契約時に預けるお金のことで、「未払い債務・損害賠償債務・原状回復費用」を差し引いて残額があれば貸主(大家さん)は借主(入居者)に対して返還しなければなりません。
敷金返還の具体例(借主はどこまで負担義務があるか?)
敷金についての特約等がない場合(または特約が無効と判断された場合)、具体的に借主(入居者)はどこまで負担すればよいのでしょうか?
敷金の原状回復義務
原状回復義務とは、借主(入居者)が退去した後のお部屋をどこまで入居当時の状態に戻すのか?その際に必要となった修繕費、ルームクリーニング代等は貸主(大家さん)、借主(入居者)どちらが負担するのか?ということですが、国土交通省(旧建設省)から「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」という指針が出されていますが、このガイドラインは目安でしかありません。
経年劣化と通常損耗(自然損耗)
敷金については「原状回復義務」が大きな問題となりますが、原状回復義務で度々出てくるのが、「経年劣化、通常損耗(自然損耗)」という言葉です。では「経年劣化、通常損耗(自然損耗)」とはどのような意味なのでしょうか?
敷金の特約
賃貸借契約の特約等で、「退去時に行うハウスクリーング代は借主(入居者)が負担する」など、本来、貸主(大家さん)が負担すべき修繕義務を借主(入居者)に負担させるといった契約(特約)が多いのですが、このような特約は有効となるのでしょうか?
ハウスクリーニング費用は借主(入居者)負担?
敷金の特約等で、ハウスクリーニング(ルームクリーニング)費用は借主(入居者)負担としているケースが圧倒的に多いのですが、この特約は有効なのでしょうか?